今ならリップル(XRP)がもらえちゃう!SBIグループが誇る仮想通貨取引所!「SBI VCトレード」の開設方法!

 

国内金融最大手のSBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード」について解説していきたいと思います。

SBI VCトレードでは、「XRP」の普及に力を入れていることでも知られる取引所です。

 

SBI VCトレードを利用するメリット

国内でも様々な取引所が設立されており、「どこも同じなんじゃないか」という感想を持っている方も多いと思います。

しかし、取引所にはそれぞれ違いがあり、トレードする上ではその違いが大きな差を生むことがあります。

取引所によって特性が違いますので、しっかりと理解した上で開設しましょう。

 

出金手数料が安い

仮想通貨で利益が出た際、出金時に高い手数料がかかると勿体ないですよね。

SBI VCトレードでは、「住信SBIネット銀行」と連携することで、出金手数料が50円になるのです!

また、取引手数料や入金手数料などは無料なので、手数料負けをあまり気にすることなく入出金ができます。

 

セキュリティに強い

SBIグループは「住信SBIネット銀行」や「SBI証券」などすでに多くのユーザーを抱える金融サービスを運営をしており、高い信頼を得ていることがわかります。

SBI VCトレードにおいても、前述のサービスノウハウがふんだんに活かされているので、安全性や信頼性は業界トップクラスといっても過言ではありません。

 

SBI VCトレードの開設方法

仮想通貨取引所SBI VCトレードの口座開設方法は、一般的な国内取引所とほぼ同じです。

 

●仮登録(メールアドレス登録)
●本登録(本人情報の入力と本人確認書類の提出)
●SBI VCトレードからの簡易書留郵便

 

上記の3段階を踏めば、口座登録は完了となります。

 

では順を追って説明していきます。

 

①公式サイトにアクセス

公式サイトにアクセスしたら、「口座開設する(無料)」をタップします。

 

SBI VCトレード公式サイトはこちら

 

 

②メールアドレス登録

新規登録ページにアクセスしたら、メールアドレスを入力します。

口座開設の注意事項を確認し、「確認・承諾しました」にチェックし、「アカウント作成」ボタンをクリック。

 

 

➂メールを確認する

登録したメールアドレスに登録完了メールが届くので、メールにあるURLを有効期限(2時間)以内にクリックします。

 

 

④ログイン・情報の入力

ログインすると、「ご本人情報登録」ページが開きます。

契約締結前交付書面や取引約款などの書類を確認し、「確認・承諾しました」にチェックをいれていきます。

 

 

さらに下へスクロールしていき、質問事項に回答していきます。

 

 

質問に答えたら、「お客様情報」にて本人確認情報を登録していきます。

 

 

あとはSBIから届く簡易書留書留郵便を受け取ったら、口座開設の手続きが完了です!

 

SBI VCトレード公式サイトはこちら

 

新規開設キャンペーン

 

SBI VCトレードでは、新規の口座開設をされた方限定で50XPRをもらうことができます。

 

◆期間
202061日(月) ~ 2020930日(水)

◆対象となる方
上記期間内において新規に口座開設が完了した個人の方
(満20歳以上80歳未満の方に限る)

◆特典内容
暗号資産XRPを50XRP(1,055円相当※)プレゼント
202052717:00時点の価格、1XRP21.1円で換算

 

SBI VCトレード公式サイトはこちら

 

 

まとめ

SBI VCトレードを運営するSBIホールディングスはグループ会社で800万口座の顧客基盤を支える体制が整った大手金融機関です。

 

グループ会社で培った様々なノウハウやシステムがあり、サイバー攻撃対策や資産の分別管理などの対策も講じられており、現在国内では最もおすすめできる取引所です。

 

登録完了までは数日かかる場合があるので、早めの登録がおすすめです。

 

SBI VCトレード公式サイトはこちら

 

SBI VCトレードの会社概要

会社名:SBI VCトレード株式会社

代表者:北尾吉孝

設立年:2016年11月1日

所在地:東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ

資本金:19憶8000万円

事業内容:仮想通貨の交換・取引、システムの提供

仮想通貨交換業登録番号 関東財務局長第00005号